AGAの通院中ですがいつまで通うか悩ましいところです(39歳プログラマー)


2年ほど前から前頭部の薄毛が気になりだしました。

それまで整髪料を平日毎日つけていたり、朝に市販のシャンプーで髪を洗ったり、時には茶髪にしたりと、今考えると相当髪にダメージを与えることをしていました。

さらに、父親や祖父も頭が薄かったことから遺伝的なものあったと思います。

なんとか他の髪の毛の場所を伸ばしてごまかしていましたが、外に出かけた時など、強風がとても嫌で、周りの人の目がすごく気になりだし、帽子が必需品となりました。

年齢的な諦めも考えていたのですが、子供の運動会で堂々と一緒に走りたいと思い、薬による治療を考えたのが、クリニックでのAGA治療を始めるきっかけでした。

それまでも個人輸入でプロぺシアを半年分ほど購入したことはありました。

しかし、毎日飲む習慣が身に付かず、だらだらと飲んだり飲まなかったりを繰り返し、ほとんど改善効果は見られませんでした。

しかしAGAで処方してもらった薬は今の所毎日欠かさず飲み続けています。

やはりカウンリングも含め費用が1年間で45万ほどと高額なので、飲まないなんてもったいないという強制力が働いているのも一つかと思います。

今は1ヶ月半継続している状態ですが、やはり、最初の半月からこれまで初期脱毛と言われる状態があり、いつもよりもシャンプーの際に抜け落ちる毛量が多いような気がしています。

しかし、病院でも説明があった通り、それは髪の毛のサイクルが正常に進んでいる証拠と自分自身を励まして、治療を続けています。

基本は月1回、病院に行き、血液検査を行い、薬が体に合っているかどうかの検査をしています。

仮に東京の病院に通院できない時も薬自体は郵送してくれるので、間が空いてしまうことはありません。

ただ、通院時に行っている検査は逆に言うとその血液検査と髪の毛の状態を写真に収めるだけのため、薬代として、現在の価格を考えると、個人輸入に切り替えようか悩んでいるのも正直なところです。

今の所は半年間は続けてみて、病院の通院が必要かどうかを判断しようと思っています。

必要ないと思えば、同じ成分量が入っているミノキシジルタブレットを個人輸入で探して、それを飲み続けようと考えています。

おそらくその場合は月1万円くらいで済むのではないかと考えています。

ただし、今回のAGAの選択で、本格的に髪の毛の治療を始めることができたことがとても大きな収穫です。

それまでなんとなく先送りにしていただけでいたので、そのまま進行していれば、ますます取り返しのつかない状態になっていたと思います。

その意味で、AGA治療を受診するのは一つの大きなきっかけとして良い選択だったと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする