AGAの効果がない?1年で治療をやめた私のケース(37歳広告代理業)


私は20代後半くらいから薄毛であることを自覚していました。

私自身はそれほど髪の毛の量を気にしていた訳ではありませんでしたが、当時の私の勤務先の上司がたまたまAGAの治療を行っており、その効果があったということを耳にしていたことがAGAの治療を始めるきっかけとなりました。

こういった経緯でしたので、特別ハゲに悩んだり心配したりといったこともなく気軽に皮膚科に足を運びました。

まずはAGAの治療を希望する旨を担当医に伝えました。

その医師も私の年齢での髪の量としてはやはり少なく感じたようですぐに始めることを促してくださいました。

AGAの治療というのは拍子抜けする程特別なことは何もしません。

私の場合は1ヶ月に1回の経過観察・問診を行い、その際に1ヶ月分のプロペシア(成分名フィナステリド)という薬を処方してもらい毎日服用するだけでした。

それをまずは半年間続けてみましょう!とのことでした。

おおよそ1ヶ月の薬代は1万円程度でこの価格は各地域や病院、クリニックによっても多少の違いがあるようです。

私の通っていた皮膚科では1万円程の値段でした。

ネットなどで色々と調べたりもしてみましたが概ね相場だったのではないかと思います。

個人的にはそれほどAGAの治療を望んでいたわけではありませんでしたので、月々の薬代が1万円は正直辛いものがありましたが、ちょうど良い機会でもありましたので続けることに決めました。

そもそもAGAの治療というものは「発毛をしっかりと促して髪をフサフサにする治療」ではなく、あくまでも「現状からいかに髪の毛の量を減らさないようにするか」ということが本来の主旨のようです。

ですのでもう手遅れと言える程髪の毛を失ってしまっている方への発毛や育毛の効果はあまり期待できないもののようです。

今後AGAの治療を希望されている方や試みようと考えられている方は、この点だけには注意が必要ではないかと考えられます。

実際にAGAの治療を始めてから3ヶ月程は何も効果などは得られませんでした。

それとは別に、これは個人差があるかと思いますが、私はほんのわずかではありますが気分が悪くなる副作用があったように思います。

担当医の方にも伝えましたが、確かにそういった副作用を感じられる患者さんもいらっしゃるとのことでした。

(その副作用も3ヶ月ほどすると私の場合に限ってはなくなりました。慣れてしまったのかもしれませんが…。)

そして半年ほど経った頃でしょうか。

私の周囲の人から「少し髪が増えた感じがする」という声をちらほら聞くようになりました。

確かに鏡を見てみると気持ち髪の毛の量が増え改善したようにも感じました。

それから継続して1年間程続けましたが、それ以降は目立って髪の毛の量が増えた感じは得られませんでしたのでAGAの治療を辞めてしまいました。

当初の医師のお話の通り、そもそも「現状からいかに髪の毛の量を減らさないようにするか」ということが本来の主旨であることが納得できたように思います。

私としてはある程度薄くなってしまう前にAGAの治療を継続的に行っていくことが一番望ましいのではないかと考えています。

またそれとは別に、月々1万円の出費はなかなかの痛手であることも実体験から感じました。

 一緒に読まれています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする