AGAの治療期間はどのくらい?いつまでやるの?


AGA治療は一体どれくらい続ければ良いのか。

これもまた、これからaga治療をと考えている人にとっての疑問の一つなはずです。

こちらに関しては、あなたがどのような理想を掲げているかによります。

いくらプロペシアが抜け毛を予防してくれる効果があるとはいえ、ツルツルのハゲで悩んでいる人がふさふさにしようと思ったら、かなりの期間が必要になるでしょう。

私の場合、頭頂部がかなり薄くなっていたのですが、二か月もしないうちに埋まりました。

ただ、その時点ではまだ産毛が発毛しただけでの何となく埋まっただけなので、そこから育毛にも力を入れました。

シャンプーなどにも気を付けるようにして、半年くらいである程度は自分で納得出来るレベルまで改善出来ました。

その間、クリニックに行ってプロペシアとミノキシジルを処方してもらい、服用していただけです。

三か月目にはプロペシアだけにしたのですが、まだプロペシアが12,000円だったので、半年での費用はおよそ100,000円弱といった所でしょうか。

ですが、毛髪診断士に言われたのは、プロペシアは治療薬というよりも5αリダクターゼの働きを抑えるものだと。

結局男性ホルモンそのものだから、プロペシアの服用を辞めれば再び脱毛が始まり、薄毛になると。

専門医に言われるとさすがにゾっとさせられましたが、あくまでも抑えるだけで、体の中から男性ホルモンを除去する訳ではないと。

だからプロペシアを辞めたら、結局はまた抜け毛が増える事になる。

辞めるタイミングは、自分自身が「もういいかな」と思った時だよと言われました。

確かに、自分の場合はまだまだ30代で外見もそれなりに気にする年頃だったのですが、これから先50代、60代となれば「もういいかな」と思う時がくるかもしれません。

その時には病院に行くのをやめて、プロペシアを飲むのを辞めれば、男性型脱毛症も「再開」するとの事。

フィナステリドは5αリダクターゼを除去するのではなく、抑えるものだと説明されました。

ツルツルの状態から戻す期間は頭皮の状況次第ですが、いつまで続けるのかは自分次第という事です。

ただ、ある程度は影響があるのか、私の場合、たまにプロペシアを飲み忘れてしまう事もありました。

急に出張になったり、ついつい友達と遊んでいて朝帰りになってしまったりという時は、プロペシアの摂取を忘れてしまうのですが、一日忘れたからと言って、急に抜毛がごっそりと言う事はありませんでした。

摂取しない期間が増えれば、徐々に抜け毛も増えていくのかなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする