AGAと円形脱毛症の違いとは?


「脱毛症」と聞いて、A G Aではなく円形脱毛症を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

むしろA G Aという言葉が定着する前は、円形脱毛症こそが抜け毛の一番の敵だったものです。

同じように毛が抜けていく症状ではありますが、両者は根本的に別物です。

A G Aの場合、ホルモンに起因して髪の毛が抜けていきます。

ですが円形脱毛症は違います。

円形脱毛症の場合、主な原因はストレスと言われています。

ストレスは体の免疫を低下させ、結果、抜け毛を促進します。

また、女性にも起きます。

A G Aは「男性型脱毛症」という名称からも分かるように男性だけのものですが、円形脱毛症は女性にも起きるのです。

一方で、ストレスによる一時的なものですので、対策をするでもなく、勝手に改善していきます。

ストレスによって一時的にハゲが出来たとしても、ストレスを消化して時間が経てば、ハゲて頭皮が見えてしまっていた部分もいつしか発毛されています。

ですがA G Aは違います。

A G Aは放置すればするほど進行しますので、薄毛が進行していきます。

A G Aは治療しなければ改善されません。

円形脱毛症の方が一気に進行する分、治る時も案外早いです。

時間と共に、本当にその部分がハゲていたのかさえ分からなくなるのですが、A G Aは時間が経てば経つ程、薄くなっていきますので、クリニックで診察してもらい、効果的な治療を行ってもらわなければなりません。

生えてきた毛を元気に育てるためには育毛にも気をつけなければならないでしょう。

もちろんストレスはA G Aにも悪影響です。

ストレスによって抜毛が増えるのですが、A G Aで悩んでいる場合、抜け毛の速度が加速します。

また、抜け毛が増える事のストレスによって更に抜け毛が増えていくという悪循環も生まれます。

また、ストレスは髪の毛だけではなく、体調そのものも悪化させますし、女性であれば美容にも影響が出ます。

ストレス社会と呼ばれている昨今、ストレスを感じないような生活を送るのはとても難しいので、ストレスはしっかりと解消する事が求められます。

A G Aとてストレスの影響がまったくない訳ではありませんので、A G A治療に向き合う際にも、ストレスを消化出来る環境を作っておく事が求められます。

以上のように円形脱毛症とA G Aの違いは明白かと思いますが、毛の悩みに直面すると、自分がどちらなのかなど冷静には判断出来ません。

ですが、両者は別物だという事は知っておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする