AGA治療は効果があるのか?体験談も交えてお話しします。


AGA治療の効果は実際に出るのかどうか?おそらく、この点が何より気になる部分なはずです。

本当に効果が出るのであれば、どれくらいの費用が掛かっても良いと思っている男性も少なくはないはずです。

この点に関しては私の体験談も交えつつお話します。

クリニックでプロペシアとミノキシジルを処方され、毎日続けました。

抜け毛が減ったのはもちろんですが、ミノキシジルを塗っていた部分からは毛も生えてきました。

私の場合、病院でもまだまだ若いので効果も出やすいと言われていましたが、抜け毛が改善されたと共に、ミノキシジルのおかげで発毛効果も確認。

抜け毛の進行を食い止めると共に、育毛効果も得られました。

プロペシアとミノキシジルを始める前と比べると、明らかに薄毛が改善されているのが分かりました。

私の場合は、ミノキシジルに関しては3か月程度で使用を辞めました。

毛がそれなりに生えそろってきたので、抜け毛さえケア出来ていれば大丈夫だろうと思ったからです。

先に話したように、しばらくして抜け毛が目立つようになったので亜鉛も摂取するようになりましたが、それで自分の気持ちに大きな変化が生じる程の効果を挙げています。

自分の治療法はこのような形ですが、ミノキシジルに関しては飲むタイプもあります。

私が使ったのは頭皮に塗るタイプなのですが、飲むタイプの場合、体の中から発毛作用を促進させますので、塗るタイプよりも効果が出やすいと言われています。

一方で、塗るタイプは自分が気になっている部分にピンポイントでアプローチ出来るのですが、飲むタイプは「全身」に作用しますので、頭髪だけではなく、体毛まで濃くなるとも言われています。

眉毛やヒゲが濃くなったという話も聞きます。

それだけ発毛効果が高いからこそですので、自分自身の状態次第で飲むタイプにすべきか、塗るタイプにすべきか判断してみると良いでしょう。

また、塗るタイプも濃度が違う物があります。

病院では5%の物をいただきましたが専門サイトで15%の物を購入して使用した事もあります。

私は5%でも効果が出ましたが、15%だと手や頭皮がベタベタになり、髪もパサつくので、使うタイミングが難しいです。

また、治療薬もプロペシアのジェネリックのフィンペシアがあります。

こちらもプロペシア同様、フィナステリドが配合された専門の治療薬になりますので、AGA治療は実は選択肢があります。

予算や理想に応じて、選択肢が変わります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする