M字はげを治すには?3ヶ月で劇的に改善できた方法を大公開!


M字はげは気がついたらいつの間にか進行していた、なんてことがあります。

ふとしたきっかけである日突然、後退した生え際を自分で発見してしまい、奈落の底に突き落とされた気持ちになったことがあるのはあなただけではありません。

M字はげに効果があると言われている育毛剤を試しても効果がなく、M字はげは治らないのでないかと悩んでいたり、現在進行中のM字はげを治す方法を知りたいと思っているなら、ぜひチェックしてください。

これからM字はげをわずか3か月で改善させた体験をお話しします。

風呂上りに愕然・・・

自分がAGAではないかと思ったのは、風呂上がりにふと見た排水溝にべったりと抜け毛がついているのを発見した時です。

つまみ上げると30本ばかりありました。

これはたまたま今気づいただけで、本当はずっと前からこうだったのかもしれないと思い、慌てて洗面所の鏡で生え際を子細に確認すると、明らかにこめかみに向かって後退しているようでした。

今までは、前髪を下していたので気づかなかったのです。

それで気を付けてみていると、生え際はどんどんと後退していき、そのうち本当にM字ハゲのような状態になりました。

育毛剤を買ってきたものの・・・

もちろんこれを黙ってみていたのではなく、ドラッグストアに行って効きそうな「薬用」と書いてある育毛剤を買ってきてはつけてみていましたが、一向に改善される様子がありません。

本当にどうしようかと思っていたところ、AGAはやはり専門のクリニックに行って治療してもらうのが一番早道だという話を知り合いから聞いて、ネットでクリニックを調べ、そのうちの一軒に思い切って予約の電話を入れました。

すると最初は無料でカウンセリングしてくれる、というのでまずそれに行くことにしました。

AGA専門クリニックのカウンセリングへ行ってみた

カウンセリングは医師ではなく専門の男性のカウンセラーがしてくれました。

ファイバースコープの用のような機械で地肌の状態を見せてくれ、これはやはりAGAなので放っておくとさらに進行する、クリニックなら薬の投与で比較的安くても治療できる、と聞き、その場で治療の予約を入れました。

そしてその治療の予約の日に再度クリニックに行き、今度は医師に診てもらった結果、

治療法としては、薬の投与でこれが費用は月1万円、ただし治癒の確率は60%、
頭皮に注射で薬を注入するのであれば6回コースで50万円で治癒の確率は90%

と言われました。

さすがに50万円はなかったので、薬の投与でお願いしました。

すると、飲み薬のプロペシアと塗り薬のミノキシジルの2本立てて治療する、ということを言われ、帰りに受付でそれをもらって帰りました。

プロペシアを飲み、ミノキシジルを頭に塗る毎日

それから毎日プロペシアを飲み、ミノキシジルを頭に塗りました。

すると、2週間もするとなんと風呂場の排水溝についていた抜け毛が全くなくなったのです。本当に驚きました。

そして1か月すると、後退していた生え際に産毛が生えてきました

これでうれしくなって薬は毎日続け、月に1回クリニックに行って再度処方してもらいました。

すると3か月後には生え際が明らかに元に戻り始めました

そして・・・

半年後にはかなり若いころの髪形に戻って、M字ハゲではなくなりました

ただこれでやめて元に戻ると困るので、クリニックには行き続けましたが本当に夢のようでした。

今ではAGAはほぼ完全に治ったように思いますが、予防のために、2つの薬は使い続けています。

いつまでも若いころの髪形でいられるなら月1万円は安いものだと思います。

まとめ

自己判断で育毛剤をつかっても効果がないと悩んでいるなら、専門医の扉を叩いてみるのも一つの手です。

AGAはお金がかかるからとしり込みしているうちにM字はげはどんどん進行していき、放っておいても元に戻ることはありません。

確かに月に1万円は高いかも知れませんが、もし本当に若いころの頭髪に戻れたなら、これは安いものだとあなたも実感するのかも知れません。

試しにカウンセリングに行ってみる価値はあるのではないでしょうか。

 一緒に読まれています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする