M字はげの治療にはどんな方法がよい?よくある間違いとは?


M字はげとは、前頭部(生え際)の髪の毛が徐々に薄くなり、ちょうど剃り込みを入れたような状態が特徴です。

AGA(男性型脱毛症)のなかでも、比較的軽度の症状に分類されるのが、M字ハゲと呼ばれる薄毛の状態です。

「最近、生え際が後退してきたな」と感じる男性は、何かしらの対策が必要なAGAの初期症状かもしれません。

AGA(男性型脱毛症)の多くは、このM字ハゲか頭頂部の薄毛(いわゆるてっぺんハゲ)です。

症状を改善するには、病院やAGAの専門クリニックでプロペシア(フィナステリド剤)の処方を受けるなど、本格的なAGA治療が必要となります。

M字ハゲというと、「単に生え際が後退しているだけだから」と気にしない男性もいますが、最も良くないのが、中途半端に気にして「せめて育毛剤でも塗ってみるか」と、市販の頭皮ケアシャンプーや育毛剤を漫然と使用することです。

これら市販の育毛剤や育毛シャンプーには、AGAを治療する有効な成分が含まれていないため、劇的な発毛効果は期待できません。

プロペシアがなぜ効果があるのかというと、それは医薬品であるからです。

医師の処方が必要ない市販薬は、誰が誤って使用しても「人体への影響は少ない」様に、医薬品の様な強力な成分は含まれていないため、やはり「気休め程度」と言わざるを得ません。

しかも、生え際というのはもともと血行が悪く、栄養が行きわたりにくいとされています。

いくら頭皮を清潔にしたり、育毛剤などで栄養を与えても、元々の発毛力が弱いケースが多いのです。

そのため、クリニックでAGA治療を受ける場合、AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制するプロペシアだけでは、抜け毛の進行を止めることはできても、発毛にまで至るには、プラスアルファの治療が求められます。

そこでよく行われるのが、「プロペシア」+「ミノキシジル」といった、複合的な治療方法です。

ミノキシジルは、もともと高血圧患者のための血圧降下剤として開発された薬で、この血管を拡張する作用が発毛にも効果があることが分かり、AGA治療薬として転用されるようになりました。

また、「頭皮が固い人は禿げやすい」と昔から言われていましたが、生え際をマッサージしてみると明らかですが、他の部分と比べて、生え際は特に「固い」ことに気づくはずです。

「頭皮が固いと禿げやすい」という言葉が、決して迷信ではないことが分かります。

「まだまだ大丈夫」と考えがちなM字ハゲですが、治療が困難であるだけに、早めにAGAの専門クリニックへ相談することをお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする