若はげの年齢は何歳から?対策はどうすればいい?


ハゲや薄毛と呼ばれる男性は、いつからその症状が進行したのでしょうか。

「若い頃はフサフサだったのに今は頭が禿げ上がってしまった」などと言われる様に、通常、男性の薄毛はある程度の年齢になってから発症します。

しかし、若ハゲという言葉がある様に、若い頃から薄毛の男性もいます。

30代、40代からの薄毛であれば、「年齢も年齢だし、しかたがない」と割り切れる場合もあるかもしれませんが、周りの同年代男性と比較して自分だけが「若はげ」では、コンプレックスを抱かずにはいられません。

友人もまだ若い時期だと、「毛無し」などと心ない表現でからかわれることもあるかもしれませんし、女性に対しても自信が持てず、髪の毛が少ないことが理由で恋愛にも消極的になりがちです。

そこで気になるのが、若ハゲの定義です。

若はげとは何歳からを指すのでしょうか。

また、薄毛は通常、何歳くらいから起こるものでしょうか。

AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンと大きく関係するため、早い人では10代後半から発症し、一般的には30代以下の薄毛は「若ハゲ」と呼ばれています。

病気の治療が原因で起こる抜け毛(抗がん剤治療など)や突発的なストレスによる円形脱毛症を除き、薄毛の症状が現れる年齢として最も多いのは、40代以降です。

AGA(男性型脱毛症)と呼ばれる薄毛が発症するかどうかは、遺伝によって大きく左右され、いくら育毛剤や育毛シャンプーで頭皮をケアしても、抜け毛の原因となる男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」の分泌に大きく左右されるため、自力での対策は困難と言われています。

薄毛の症状を自覚したら、まずはAGAの専門クリニックでの治療が最も効果的です。

カウンセリングを受けて、今起こっている抜け毛症状の原因がAGAかどうかを見極める必要があるからです。

AGA(男性型脱毛症)と診断されれば、治療法の選択に進みますが、多くの場合、プロペシアを処方してもらい、経過観察する方法が一般的です。

ただし、このAGA治療薬の代表格であるプロペシアは、服用している間だけしか効果がないため、プロペシアの効果で髪が生えてきても、服用を止めると抜け毛は再発します。

このため、最近では、一度施術を受ければ効果が持続するHARG療法など、別のAGA治療にも注目が集まっています。

とはいえ、これらの最新AGA治療は非常に高額(100万円近く)であるため、まずはプロペシアやミノキシジルを処方してもらい様子を見るのもよいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする