若はげ治療は病院へ行くの?20代にはどんな選択肢がある?


AGA(男性型脱毛症)と言えば、中高年男性特有の悩みでしたが、最近では若い男性の間でも、いわゆる「若はげ」と呼ばれる薄毛に悩む例が増えています。

もちろん、生活習慣を改善して治せるのであれば最良ですが、ご存じの通り、AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンの一種、DHT(ジヒドロテストステロン)が大きく影響しているため、生活習慣の改善だけで一朝一夕に髪の毛が生えてくるというものではないということを覚えておく必要があります。

もちろん、誰もが真っ先に思いつく様に、「市販の育毛シャンプー」などで頭皮を清潔にするという対策方法も考えられますが、頭皮をいくら清潔にしたところで、抜け毛の原因となっているDHTを抑制しなければ、抜け毛は減らず、発毛は期待できません。

AGA(男性型脱毛症)は、DHTを抑制して発毛サイクルを正常化させることによって、はじめて髪が生えてくるのです。

そこで候補に挙がるのが、病院やAGAの専門クリニックなどでの治療です。

AGA治療と言えば、真っ先に思いつくのがプロペシアに代表されるフィナステリド剤の処方です。

プロペシアはAGAの原因となる「5aリダクターゼ」という酵素の活性化を抑える働きをもつ「フィナステリド」が主成分です。

この様に「5aリダクターゼ」を抑えてAGAを治療するという方法は、画期的な発見とされており、現在でも多くのAGAの専門クリニックではプロペシアが処方されています。

しかし、20代の若ハゲの場合、AGA治療の選択肢は限られます。

代表的なプロペシアについても、男性ホルモンへ影響を与えるため、未成年者への処方は禁じられてます。

20代であっても、まだ成人したばかりで成長途中の場合、安易な服用は好ましくありません。

20代前半の男性であれば、お金がかかったとしても「育毛メソセラピー」や「HARG療法」などをお勧めします。

ただし、プロペシアなどと違い、医師による治療となるため、かなり高額となることは避けられません。

20代の前半から既に薄毛が進行している場合、それは重度なAGAである可能性が高いため、早めの対策が求められます。

「早いうちから薄毛の症状が現れる」ということは、遺伝的にも「将来的にかなり薄毛が進行する」ことが考えられます。

そういった意味でも、たとえ高額な出費となったとしてもHARG療法など、根本的な治療をお勧めします。

HARG療法の良いところは、一度治療を受ければプロペシアの様に「ずっと服用を続ける必要がない」点です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする