若はげ対策を自分でできる?サプリメントや育毛シャンプーってどう?


AGA(男性型脱毛症)と言えば、プロペシアなどのフィナステリド剤を服用する方法が一般的ですが、症状が起こる前に、自分自信で行える対策方法はないのでしょうか。

また、薄毛の症状を自覚しても「AGAクリニックへ行くのは抵抗がある」という場合、やはり自宅で出来る方法を模索したいものです。

ここでは、AGAクリニックや治療薬に頼らない「若ハゲ」対策を紹介します。

まず、抜け毛や若ハゲの原因として誰もが思いつくのが食生活です。

食生活を改善することによって、抜け毛の進行をある程度抑えることも十分可能です。

昔は、「育毛に効果がある食べ物」に注目が集まっていましたが、現在は、「薄毛の進行を止める食べ物」に注目が集まっています。

例えば、亜鉛やノコギリヤシは有名です。

亜鉛やノコギリヤシには、抜け毛の主原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の分泌を抑制する働きがあります。

これらのサプリメントは、若ハゲに悩む男性から非常に人気で、通信販売でもよく売れています。

これらの栄養素は、サプリメントに限らず食事から摂ることも可能です。

例えば、亜鉛は牡蠣や牛肉に多く含まれており、これらの食品を積極的に取り入れることで、身体に不足している亜鉛を補うことができ、DHTの抑制につながるという訳です。

次に、頭皮環境を清潔に保つことも若はげ対策として重要になります。

市販されている育毛剤や育毛シャンプーを利用する男性も増えていますが、これらは抜け毛防止に効果があるのでしょうか。

もちろん、頭皮を清潔に保つことは、抜け毛防止策としては有効ですが、それだけで髪の毛が生えてくる訳ではありません。

もし、育毛剤や育毛シャンプーを使用して抜け毛を防ぐのであれば、まずはスカルプケアシャンプーなどで頭皮や毛穴を清潔にし、その後で「育毛剤」を塗布することが大切です。

毛穴に汚れが詰まっている状態ではいくら育毛剤を使用しても効果はありません。

また、残念ながら市販の育毛剤は医薬品ではないため、DHTを抑制する働きのあるAGA治療薬ほどの劇的な効果は期待できません。

とはいえ、薬に頼らずに生活習慣の改善によって薄毛を防ぐことは不可能ではありません。

決して育毛剤「だけ」に頼らないことが重要と言えます。

とにかく若ハゲ防止策として重要なのは、十分な睡眠とバランスの取れた食生活、喫煙や過度なアルコール摂取をしないこと、そして、頭皮を清潔に保つことなど、生活習慣の総合的な見直しがカギとなります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする