若はげの原因は男性ホルモン?どうやって治せばいいの?


いわゆる若ハゲと呼ばれる薄毛の男性が最近増えています。

若年性の脱毛は、AGA(男性型脱毛症)であることが多く、若い男性の間でもプロペシアなどのAGA治療薬が人気です。

ここでは、若ハゲの原因と男性ホルモンの関係について説明しています。

若はげの原因と男性ホルモンの因果関係については、既に言うまでもありませんが、一般的に「薄毛の原因はストレス」として認識されている様に、まだまだAGA(男性型脱毛症)に対して誤解があるのも事実です。

いわゆる若ハゲと呼ばれる薄毛の原因は、多くの場合、AGA(男性型脱毛症)です。

もちろん、ストレス性の円形脱毛症などは別ですが、男性ホルモン由来のAGAは、生活習慣の改善だけで治すことは難しいと言われています。

AGAの特徴は、頭頂部や生え際の髪の毛が抜けて薄毛状態となることですが、円形脱毛症の様に、部分的に毛が抜けることはありません。

一般的には、ストレスや不規則な生活、偏った食事など、「生活習慣の乱れが抜け毛を増やす」と言われています。

また、頭皮の脂が毛穴を塞いでしまうことが抜け毛の原因となるため、入浴時にシャンプーを念入りに行い頭皮を清潔に保つことが大切と言われている様に、AGAも生活習慣が大きく影響していることは間違いありません。

しかし、男性ホルモンからの影響が強く、生活習慣をいくら改善しても限界があります。

若年性の脱毛症に悩み始めた男性の多くは、まず市販の育毛剤などで対策を試みますが、これらの育毛剤や育毛シャンプーには、「発毛に有効な成分」は含まれていないため、効果としては期待できません。

では、AGA(男性型脱毛症)となってしまったら、クリニックでの治療しか方法はないのでしょうか。

もちろん、生活習慣の改善だけで薄毛の進行を止めることは理論上不可能ではありませんが、非常に難しいと言えます。

AGA(男性型脱毛症)は、その名のとおり、男性ホルモンの一つ、DHT(ジヒドロテストステロン)が原因となって起こる症状です。

このDHTの抑制に成功しなければ、薄毛の症状は止まりません。

DHTを抑制するには、酵素の一つである5aリダクターゼの働きを抑えなければなりませんが、民間療法でこれを実現することは非常に困難です。

AGAの専門クリニックで治療を受けると、この5aリダクターゼの働きを抑えるフィナステリド剤(医薬品名プロペシア) を処方されますが、現在、AGAの主原因であるDHT及び5aリダクターゼ酵素を抑制する方法としてプロペシアに勝るものはありません。

最近では、亜鉛やノコギリヤシなど、食品でDHTを抑制する方法が発見されていますが、医薬品のダイレクトな効果と比べると、効き目も緩やかな分、重度のAGAの場合、やはりプロペシアなどの医薬品に頼らざるを得ないでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする