AGA薬を飲み続けるかどうかの判断基準~効果に不安を感じたら


AGA治療薬の効果が感じられず、このまま飲み続けてよいものかどうか分からなくなる場合があります。

薬の効果が感じられず、このまま服用を続けたほうがいいのか迷っている人向けに、ここでは、AGA治療薬の服用を止めたいと思ったときの選択肢について紹介しています。

フィナステリド剤とも呼ばれるAGA(男性型脱毛症)治療薬「プロペシア」は、薄毛治療を検討する男性にとっては、その発毛効果から最も信頼されているメジャーな内服薬で、飲む育毛剤とも呼ばれています。

もちろん、厚生労働省の認可を得た正規の医薬品で、全国のクリニックや病院で処方されています。

そもそもAGA(男性型脱毛症)は、「5αリダクターゼ」という酵素が、良性の男性ホルモンである「テストステロン」を悪性のホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)へと変換するために起こります。

AGAの基本はこの「5αリダクターゼ」を抑えることがカギとなりますが、プロペシアの主成分である「フィナステリド」が薄毛の原因である「5αリダクターゼ」抑制に強い効果があることが発見され、薄毛治療薬として一躍有名になった訳です。

男性の多くは加齢とともに抜け毛が増えますが、個人差があります。

この個人差はどこからくるかというと、遺伝で決まる「5αリダクターゼ」の分泌量と言えます。

そのため、プロペシアの効果を維持したいのであれば、「服用し続ける」必要があります。

しかし、AGA治療を続ける男性にとって頭が痛いのが、「薬代」です。

プロペシアにかかる費用は、平均して毎月1万円~1万5千円ほどと言われており、経済的負担は決して軽くありません。

また、ED(勃起障害)などの服作用のリスクもあるため、「経済的負担」か「副作用リスク」または、「効果が現れないこと」を理由に服用を止めたいという男性も多くいます。

このままプロペシアを飲み続けるかどうか迷っている場合、選択肢は2つあります。

一つは「ジェネリック医薬品を個人輸入サイトから購入する」という方法です。

プロペシアは1年以上飲み続けないと効果がないかどうか判断ができないと言われており、最低でも1年以上の服用が前提となります。

その点、ジェネリック医薬品は正規品よりも安く買えるため人気です。

日本製のAGA治療薬は医師の処方が必要なため、現在個人が購入できるAGA治療薬は、「海外製のジェネリック医薬品のみ」ということになります。

プロペシアのジェネリック医薬品として最も有名なのは「フィンペシア」でしょう。

フィンペシアはプロペシアと同じく主成分であるフィナステリドが1.0mg配合されており、効果もプロペシアと同じであるため、経済的な理由でプロペシアから切り替える人もいます。

もう一つの選択肢は、ミノキシジルや他の治療法へと切り替えてもらう方法です。

クリニックへ通院することには変わりありませんが、プロペシアの副作用が心配な男性にも適しています。

AGA治療はプロペシアやミノキシジルだけではなく、グロースファクターやHARG療法といった最先端の治療法もあるのでこれらも視野に入れることをお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする