AGA薬は妊娠に影響するのか?子づくり中は?胎児への副作用は?


男性の抜け毛や薄毛に対して抜群の効果を発揮するプロペシアやミノキシジルといったAGA治療薬は、育毛剤や育毛シャンプーと異なり、厚生労働省が認可した正規の医薬品です。

なかでもプロペシアは、抜け毛の原因となる悪性の男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)を分泌させる原因となる酵素である「5aリダクターゼ」の分泌を抑制する成分である「フィナステリド」の効果を利用することにより、抜け毛の進行を止めて本来の発毛サイクルへと戻す薬であることは広く知られています。

そこで気になるのが、副作用です。

効き目が強い医薬品であるからには、その副作用リスクも考えなければいけません。

プロペシアの副作用として代表的なものは、「男性機能の低下」「肝臓への負担」です。

これはクリニックでも医師から説明があります。

プロペシアは男性ホルモンへ影響を与える薬であることから、男性機能の低下は、何となく想像できるかもしれません。

さらに男性ホルモンへの影響がある薬というからには、プロペシアの服用中に性行為をして妊娠した場合に胎児へどんな影響があるのかが気になります。

薄毛が気になりだす年齢と結婚して子どもが生まれる年齢は重なります。

ましてや最近は晩婚化が進み、30代後半から40代でも「妊活真っ最中」という夫婦も少なくありません。

薄毛は治療したいが「子供もほしい」というのは、多くの男性が思うところでしょう。

結論から言うと、プロペシアを使用している期間に、性行為で妊娠しても、胎児への影響はありません。

医師の報告からも、フィナステリド剤を服用することによって精子の性質に変化があったという例もありません。

ただし、注意したいのは、「妊娠して妊婦となってからは、絶対にプロペシア(フィンペシアなどを含むフィナステリド剤すべて)を触ってはいけません。

妊娠して「胎児が成長していく段階」においては、特に男児が男性器を生成するためにDHTを必要とします。

プロペシアを妊婦が触ってしまうと、フィナステリド剤の影響でDHTが失われることによって胎内の男児の性器の発達を遅らせてしまうためです。

ネットのAGA治療薬に関する口コミ評価サイトの評判を見ても分かりますが、同様に「妊婦はプロペシアに注意」と書かれています。

とにかく、妊娠中の女性はプロペシアに触ってはいけません。

フィナステリド剤は触れるだけでも皮膚から吸収するため、妊娠中の女性が家庭にいる場合は、保管方法にはくれぐれも注意してください。

 一緒に読まれています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする