AGA薬は通販でも購入できるのか?医師の処方薬と違いはあるの?


年齢とともに薄毛が気になりだし、病院やAGAの専門クリニックでAGA治療検討したことのある男性も多いはずです。

AGA治療といえば、基本的にはプロペシアやミノキシジルなど、薬の服用による治療となりますが、これらのAGA治療薬は、病院(皮膚科や内科)やAGAの専門クリニックで医師に処方してもらう必要があります。

しかし、「診察を受けるのが恥ずかしい」「通院するのが大変そう」などの理由で、クリニックへ通院することなく、AGA治療薬のみを入手したいという男性も多いかもしれません。

もともと医師の処方が必要であるAGA治療薬は、その効果や副作用の強さからも、個人が気軽に購入できる薬ではありません。

育毛剤や育毛シャンプーがドラッグストアで購入できることから誤解する人もいるようですが、特に「初めてAGA治療薬を検討する」という男性は、AGAの専門クリニックで診察やカウンセリングを受けることをお勧めします。

クリニックや病院での診察を受けた結果、プロペシアなどのAGA治療薬を服用する治療が決定した場合、その後は定期的に通院して経過を診てもらい、服用を続けるだけです。

この段階になると、「医師の診察や処方」に高額な医療費を支払うことになるため、なるべく費用を安くしたいという気持ちも分かります。

そこで考えられるのが、「ジェネリック医薬品を通販で購入する」という方法です。

医師の処方が必要な日本の医薬品は個人で購入することができませんが、海外医薬品であれば、「個人輸入」という形で購入することができます。

海外製のジェネリック医薬品は価格も正規品の5分の1~10分の1という低価格であるため、人気です。

特にプロペシアのジェネリック医薬品である「フィンペシア」は、プロペシアと同じ有効成分である「フィナステリド」が1.0mg含まれており、プロペシアと同様の効果が期待できるため、途中から「ジェネリック医薬品であるフィンペシアに切り替えたい」という男性も多くいます。

個人輸入といっても、個人で面倒な手続きをす訳ではなく、一見すると通販サイトにしか見えない「個人輸入代行サイト」で購入します。

実際には、現在AGA治療薬を医師の処方なしで入手する方法はこれしかありません。

また、ジェネリック医薬品は安いので、多くの場合はセット購入する人も多いようです。

海外製品を販売(輸入代行)しているせいか、サイト上の値段は「○○yen」という表記がされているのが特徴的です。

個人輸入でAGA薬を入手することは処方薬とは違い自己責任になります。

注意点についても知っておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする