AGA薬に耐性はつくのか?プロペシアが効かないと思ったら


薄毛や抜け毛といったAGA(男性型脱毛症)に悩む人にとって、プロペシアやプロペシアやミノキシジルなどのAGA治療薬を服用すると耐性はつくものなのでしょうか。

薬には耐性がつきもの」と言われますが、AGA治療薬の場合はどうでしょうか。

ここでは、AGA治療薬に耐性がつくかどうかについて説明します。

フィンペシアなどのフィナステリド剤やミノキシジルなどのAGA治療薬は、かなり高い発毛効果の期待が持てる薬です。

薄毛や抜け毛の初期に多くの人がとる対策としては、育毛剤や育毛シャンプーです。

ドラッグストアなどで購入できるため、誰もが気軽に購入できる点がメリットです。

しかし、これら市販の育毛剤は、頭皮や髪によい成分は含まれているものの、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれる「薄毛を治療する効果」はありません。

そのため、本格的に薄毛治療に取り組み始めた男性は、AGAの専門クリニックや病院などで診察を受け、プロペシアやミノキシジルなどのAGA治療薬を処方してもらいます。

これらAGA治療薬は、市販されている育毛剤や育毛シャンプーと違い、正規の医薬品であり、発毛を促進する原理も全く異なります。

例えばプロペシアは、悪性の男性ホルモンと呼ばれるDHT(ジヒドロテストステロン)を生成させてしまう原因となる「5aリダクターゼ」という酵素の分泌を抑える働きによって抜け毛を防ぎます。

こうした点からも、育毛剤とAGA治療薬とでは、根本的な性質が違うのです。

医薬品といえば気になるのが「耐性」です。

通常、人間の体には耐性というものが備わっており、薬も服用を続けると、効き目が薄くなると言われています。

もちろん、AGAも例外ではないと考えられがちですが、実は、プロペシアの販売元であるMSD社の発表では「プロペシアを5年服用しても耐性が確認された事例はない」とのことです。

基本的には耐性はないと考えるべきでしょう。

とはいえ、プロペシアを長期間服用し続けていると、「発毛効果が以前よりも弱くなった気がする」という意見もあります。

副作用のリスクを気にしながら、効果が薄い状態で服用を続けることは不安かもしれません。

しかし、これは、その人にとってプロペシアの限界である可能性もあります。

プロペシアは、抜け毛の原因となる「DHT(ジヒドロテストステロン)を生成させてしまう、「5aリダクターゼ」という酵素を抑制する働きによって抜け毛を抑え、本来の発毛能力に「戻す」という薬です。

そのため、もしプロペシアを1年以上服用し続けても「発毛効果がこれ以上伸びない」と感じた場合、それは本来の発毛力が弱いことが原因である可能性があるため、その場合、AGAの専門クリニックでは、次の段階として「ミノキシジル」の併用を勧めます。

 一緒に読まれています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする