AGA薬とお酒は危険な関係?アルコールを控えるべき本当の理由


バイアグラやシアリスなどのED治療薬の場合、多少のアルコールと併用することは、リラックス効果が期待できるため、むしろ良いとされていますが、男性型脱毛症と呼ばれる、AGA治療のための薬を服用する場合はどうでしょうか。

プロペシアや、そのジェネリック医薬品であるフィンペシアなど、AGA治療薬を服用している最中は、飲酒を控えた方がよいとされています。

これは何故でしょうか。

プロペシアもフィンペシアも、成分としてはフィナステリド剤がメインです。

このフィナステリドという成分は、肝臓に負担をかけるため、飲酒をするとアルコールの分解によって、さらに肝臓へ負担をかけることが考えられるからです。

これについては、処方されたAGAクリニックで医師から説明を受けます。

とはいえ、男性は仕事をしていると、接待や会社行事など、お酒の席はどうしても避けられない場合があります。

どうしてもお酒を飲まなければならないときは、プロペシア(またはフィンペシア)の服用時間をずらすと良いでしょう。

服用時間をずらすだけでも、肝臓への負担を分散させることができるからです。

とにかく、AGA治療薬とアルコールの相性が悪いのは、「肝臓への過度な負担」が理由です。

日ごろから飲酒の習慣がある男性は、もともとAGAになるべくしてなった可能性もあるため、せめてプロペシアやフィンぺシアの服用中は、飲酒を控えるなど、生活習慣を改善する気持ちも大切です。

また、AGA治療薬はプロペシアなどのフィナステリド剤だけではありません。

頭皮に直接塗布するミノキシジルもAGA治療薬として有名ですが、こちらも、アルコールと併用するのは避けるべきです。

ミノキシジルはもともと血管を拡張する効果を転用した薬なので、アルコールとともに服用するのは危険であることは言うまでもありません。

また、アルコールが体内に入ると「アセトアルデヒト」という有害な物質が生成されますが、これを分解するために肝臓が働きます。

この肝臓が活発に働くためのエネルギーとして使われるのが「シスチン」という、髪の毛の生成に必要な物質です。

つまり、アルコールを摂取し過ぎると、このシスチンが減るため、「発毛能力が低下する」ことを意味するのです。

そもそも、AGA治療薬の服用に関係なく、過度なアルコール摂取は、抜け毛や薄毛の原因となるとされており、発毛や育毛に関する記事を見ると、ほとんどの場合、「抜け毛の原因となる生活習慣」の一つとして挙げられています。

 一緒に読まれています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする