AGA薬はなぜ市販されていないのか?プロペシアの安全な入手方法とは


抜け毛が気になり始めると、多くの男性は育毛剤や育毛シャンプーなどの購入を検討します。

特に頭皮を直接洗浄する育毛シャンプーは、爽快感もあり、「育毛に効果がありそう」と感じる人も多く、ネットでも使用レビューなどの口コミが多数掲載されるなど、大変人気です。

最近では、プロペシアの登場により、育毛剤とは比べ物にならない効果を実感する人の例が増えてきました。

こうしたAGA治療薬は、育毛剤や育毛シャンプーの類とは根本的に異なります。

AGA治療薬は市販薬としてドラッグストアなどで購入することはできないのでしょうか。

「薄毛やハゲ」と聞くと、ドラッグストアでも様々な種類の「育毛シャンプー」や「育毛剤」が並んでいるため、プロペシアなども市販されていてもおかしくないと考える人も多いようですが、育毛剤とAGA治療薬の間には、「AGA(男性型脱毛症)のための治療薬」という明確な線引きがあり、市販はされていません。

ミノキシジルやプロペシア(フィナステリド材)などに代表されるAGA治療薬は、病院で処方を受けなければ購入できませんが、これは、薬の効果(副作用も含む)が強すぎるため、市販薬として販売された場合、用法を誤って使用してしまうと大変危険だからです。

特にプロペシアは、男性ホルモンを抑制して発毛を促す薬なので、妊婦が誤って触れてしまうだけでも胎児の成長に悪い影響を与えてしまう大変危険な薬です。

そのため、AGA治療薬の使用を希望する場合は、必ず病院やAGAの専門クリニックなどで医師から処方を受けて入手しなければいけません。

どうしても医師の処方を受けずにAGA治療薬を購入したいという場合は、海外製のAGA治療薬を個人輸入するという方法があります。

特にプロペシアのジェネリック医薬品である「フィンペシア」は有名で、毎月かかるプロペシアの費用を安く抑えたいという男性に人気です。

ただし、個人輸入でAGA治療薬を購入する際には、注意点があります。

それは、医師の処方を受けていないため「副作用が発生しても自己責任」という点です。

通常、処方薬というのは、国内の病院で医師の処方を受けて服用していれば、薬の副作用が原因で健康被害に遭った場合には「医薬品副作用被害救済制度」という国の保障を受けることができますが、個人輸入で購入した場合は、自己責任となるためこの制度の対象となりません。

初心者の人は、AGAの専門クリニックや病院で処方を受けて服用することをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする