AGAの費用を学生はどうすればいい?おすすめの方法は?


AGA治療は薄毛の男性にとって発毛効果に対する期待値が非常に高く、費用は高額でも検討したいという男性は多く存在します。

特に年齢が低いほど、薄毛による精神性ダメージやコンプレックスの度合いは強くなります。

最近では、薄毛も低年齢化し、20歳前後はおろか、未成年がAGA(男性型脱毛症)に悩む事例も増えてきました。

特に学生の薄毛は周囲から「ハゲ」のあだ名を付けられてからかわれるなど深刻で、育毛剤などで改善できない場合は、症状によっては親が費用を出して治療をさせるケースもあります。

美容クリニックでの治療や施術は、場合によっては高額となるため、ローンを前提としているところもあります。

そのため、ローンを組めない学生にとってはハードルが高いかもしれません。

もちろん、学生でも20歳以上であればローンは組めますが、アルバイト収入などを証明できないと審査に通らない可能性があります。

美容クリニックは、「○○スキンクリニック」などの名称で営業しているクリニックがこれにあたり、美容皮膚科や美容外科の診療や施術を行なう「美容クリニック」で、カウンセリングは無料である場合がほとんどです。

また、未成年の場合は、受けられる治療にも制約があります。

AGA治療薬の代表格と言えるプロペシア(フィナステリド剤)は、成長に関係する男性ホルモンへ影響を与えるため、未成年の服用が禁止されており、処方を受けられません。

また、未成年は親権者の同意書が必要となりますが、多くのクリニックでは、ホームページ上から同意書のダウンロードができるようになっています。

どうしても治療を検討する場合は、事前に保護者の同意を得ておく必要があります。

また、学生がAGA治療を受ける際に気になるのが「学生割引」の有無についてです。

AGA治療は保険の対象外であるため費用も高額で、学割があるなら利用するべきでしょう。

しかし一般の病院では学割を行なっているケースは稀で、学割を希望する場合は、必然的に「美容クリニック」や「AGAクリニック」が選択肢として挙がります。

学割プランのあるAGAクリニックで有名なのは「AGAスキンクリニック」でしょう。

AGAスキンクリニックは「治療費10%割引」という学割プランを用意しています。

ただし、前述したとおり、男性ホルモンに関係するプロペシアの処方は受けられないため、頭皮へ注射する「AGAメソセラピー」や「AGA幹細胞再生治療」などの治療方法が対象となります。

検討している方は詳細を問い合わせてみてください。

 一緒に読まれています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする