AGAの費用はジェネリックを使えば負担が軽くなる?リスクと注意点は?


病院やAGAの専門クリニックなどで行われるAGA(男性型脱毛症)治療は、フィナステリドを含む服用薬「プロペシアや頭皮に塗布するミノキシジルの処方などが代表的です。

薄毛の症状が軽度の場合はプロペシアだけで発毛効果が十分に得られることも多く、植毛や育毛と異なり、「AGA治療薬の効果」は侮れません。

しかし、一方で気になるのが、その費用です。

ご存じの通り、AGA治療は基本的に「保険適用外の自由診療」であるため、全額自己負担となり、非常に大きな出費となる点が悩みどころではないでしょうか。

例えばプロペシアを一カ月服用する場合の費用は処方料や診察料などを含めて「約10,000円~15,000」が相場となります。

費用がかさむAGA治療薬を安く入手する手段を考えたときに思い浮かぶのが、ジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品は、一言でいうと廉価版の薬です。

安いからといって正式なものより劣るという訳ではなく、通常の医薬品が特許満了となった後に、厚生労働省が公式の薬(先発医薬品)と同等と認めた医薬品で、有効成分や用法用量、効能などが同じであるため安心して服用できる薬です。

当然、AGA治療薬にもジェネリック医薬品は存在しておりその価格も5分の1~10分の1までと、非常に幅広くあります。

しかし残念ながら国内の病院やAGAクリニックでジェネリック医薬品が処方されるケースは稀です。

では、AGAのジェネリック医薬品はどこで入手できるのでしょうか。

AGA治療薬のジェネリック医薬品は、プロペシアの後発薬であるフィンペシアなどが有名です。

また、ミノキシジルが配合されていることで有名な市販の育毛剤「リアップ」と同等の成分である「ロゲイン」という薬があり、こちらはジェネリック医薬品ではありませんが、こちらも個人輸入サイトから購入することができます。

個人輸入でジェネリック医薬品を購入することについての注意点やデメリットはいくつかあります。

一つ目は、「医師の処方を受けていないため自己責任」であることです。

医師の処方を受けており、用法や用量を守って服用していれば、もし健康被害があった場合でも「医薬品副作用被害救済制度」による何かしらの救済を受けられますが、個人輸入で購入した場合はこれらの保障を受けられません。

ただし、ジェネリック医薬品であっても医師から処方を受けたものであれば対象となります。

二つ目のデメリットは、「ジェネリック医薬品の個人輸入サイトは、流通ルートが明らかでない海外製のものが多いため、偽物を購入してしまうリスクがあること」です。

個人輸入サイトをジェネリック医薬品は確かに安価ですが、なかには正規品と成分が大きく異なっていたり、その製造方法に問題があるケースなど、粗悪品をつかまされるリスクもあります。

そのため、個人輸入サイトを選択する段階で、口コミなどから信頼できる業者を見つけることがカギとなります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする