AGA治療はどのような経過をたどるか?治療の効果が不安な人へ


男性のハゲや薄毛といえば、一昔前は「育毛サロン」や「カツラ」、「自毛植毛」などが一般的で、実際に髪が生えるにまで至る様な効果が期待できる治療法はありませんでした。

悪性の男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)の分泌を抑制する効果のある「フィナステリド」を成分とする飲み薬「プロペシア」の登場により、日本でもようやく「AGA」「発毛外来」という言葉が浸透しました。

市販の育毛剤や育毛シャンプー、育毛サロンなどと異なり、薄毛の原因となる「5aリダクターゼ」という酵素の活性を抑える働きによって抜け毛を防ぐため、医学的根拠に基づいた効果が期待できるという点がAGA治療の特長です。

AGA(男性型脱毛症)の治療は、治療開始から、どのような経過をたどって発毛に至るのでしょうか。

まず、プロペシアやミノキシジル(タブレット)など、内服薬を服用するタイプのAGA治療の場合、効果が現れるまでに最低でも6か月間は様子を見る必要があると言われており、長い人でも1年ほどの服用期間を要します。

当然、個人差があるため、病院やAGA専門クリニックなどがホームページで紹介している症例写真を見ると、「3か月経過」の時点で発毛が見られるケースがあります。

つまり、目に見えて発毛を認識できる様になるまでに、およそ6か月はかかるということです。

その後、徐々に生えてくるか、一定の段階まで薄毛が改善されてからはあまり変化がないというのが一般的です。

さらに、「頭頂部か生え際か」など、頭皮の場所によっても発毛のスピードは異なるため一概には言えません。

一般的には、「生え際よりも頭頂部の方が効果が現れるのが早い」と言われています。

AGA治療を開始しても、思った様な効果が得られずに不安を感じている男性も多いかと思いますが、プロペシアやミノキシジルの服用であれば、最低でも6か月は様子を見る必要があるということを覚えておいてください。

また、1年以上も服用を続けても効果が現れない場合、副作用とのバランスを考えて他の治療法に切り替えるなどの選択肢もあります。

薬の服用は副作用と隣り合わせであるため、一定期間服用しても効果がみられない場合は、無意味に続けるのではなく、他の治療法に切り替えていくなど、個々の状況に応じた対処が求められます。

そのため、プロペシアやミノキシジルの効果だけを求めて個人輸入のサイトなどで「薬だけ」購入することは、効果が現れなかった場合の原因を探ることもできないなどのデメリットがあるため、初心者にはお勧めできません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする