AGA治療にかかる費用の目安と相場の違いについて解説


男性特有の抜け毛症状は、男性ホルモンが原因で起こることが発見されて以来、ようやく日本でも医療機関で治療を受けられる「AGA(男性型脱毛症)」という概念が浸透してきました。

これまで薄毛の男性が考えられる対策といえば、思いきってスキンヘッドにするか、育毛剤や頭皮マッサージなどの民間療法しか存在しませんでしたが、飲み薬「プロペシア」の登場によって、「薄毛」についての常識がガラリと変わりました。

何となく「最近では病院で発毛効果がある薬を貰えると聞いたことがある」「AGA治療薬を服用すれば薄毛が治るらしい」という認識をもっている男性は多いのではないでしょうか。

しかし、料金の目安が分りにくいため、なかなか手を出せない人も多いかと思います。

ドラッグストアなどで購入できる育毛剤の類は店頭で価格が表示されているため、「これはいくらで買える」と、はっきり分りますが、AGA治療薬の場合、医師の処方料や診察料、場合によっては遺伝子検査や血液検査なども含まれるため、値段が分りづらいイメージがあるかもしれません。

例えば、最もメジャーな「プロペシア」や「ミノキシジル」など、薬の服用で治療する方法の場合だと、費用の目安は「1か月あたり10,000円から15,000円」と言われています。

AGA治療にかかる費用について考える際の大前提として、AGA治療は保険適用外の「自由診療」であることを知っておく必要があります。

保険が使えない自由診療ということは、クリニックや病院によって薬の処方料も診療費も異なります。

ただし、プロペシアやミノキシジルなどのAGA治療薬による治療に関しては、初回診察以降は、ほぼ薬の処方がメインとなるため、国内のどのクリニックで処方を受けても大差はありません。

AGA治療が自由診療であることで金額に大きな差が生じるのは、薬の服用から一歩進んだ「育毛メソセラピー」や、「グロースファクター注射」、「HARG療法」などの治療を受ける場合です。

また、診療を受ける機関の性質によっても費用相場は異なります。

価格だけで見るのであれば、「一般の病院」の方が「AGAの専門クリニック」よりも費用は低めと言えます。

一般の病院でAGAの診察を受けると、ほとんどの場合は薬の処方がメインとなり、AGA治療を本業としていない分、安価で済む場合が多いのです。

これに対し、AGAの専門クリニックの場合、プロペシアなどのAGA治療薬を処方するだけでなく、前述した様に「薬の服用以外」の治療も視野に入れて治療法を提案されるため、治療プランによって費用は大きく変わります。

例えば、最新のHARG療法などは、合計で100万円ほどかかるケースもあり、これらを検討する場合は、カウンセリングは無料というケースが多く、薄毛の原因を知ったうえで自分にあったAGA治療を受けたい」という場合は、AGA専門クリニックを選択した方がよいかもしれません。

少し前までは数も少なかったAGAの専門クリニックは、最近では東京エリアだけではなく、全国に存在するため、「特定のエリアに住む人しか受けられない治療」ではなくなりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする