AGA薬を輸入で購入するメリットと利用にあたっての注意点


AGA(男性型脱毛症)の治療薬と言えば、フィナステリド剤という成分が含まれた飲み薬が定番で、病院やAGAの専門クリニックで薄毛の診察を受けると、必ずと言っていいほど処方されます。

このフィナステリド剤は、プロペシアという商品名で流通していますが、国内で購入するには、医師の処方が必要です。

また、プロペシアのほかに直接塗るタイプのAGA薬でミノキシジルという薬もありますが、国内で唯一、ミノキシジルが含まれた育毛剤として、大正製薬が販売しているリアップという商品はドラッグストアでも購入できます。

AGAと呼ばれる薄毛の症状は、「男性型脱毛症」とされるだけあって、男性特有のものです。

DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが原因で抜け毛が起こるため、フィナステリド剤は、この「DHTの分泌を抑える効果で発毛サイクルを正常化させる」という仕組みです。

また、医薬品なので、発毛を促す効果と同時に「EDを発症する」という副作用のリスクもあります。

これらのAGA治療薬は、服用期間が長い(プロペシアやミノキシジルタブレットの場合)ことと、保険適用外の薬であるため、どうしてもランニングコストが高くつきます。

そこで、誰もが考えるのが、個人輸入サイトからの購入です。

個人輸入でAGA治療薬を購入すると、クリニックや病院で医師から処方される場合と比べて、費用が安くあがることが魅力です。

ただし注意点したいのは、「国内で処方されるAGA治療薬と個人輸入で購入する海外のAGA治療薬は中身が異なる」という点です。

流通ルートが不明確な商品であったとしても確かめる術がなく、あくまで自己責任であることを覚えておきましょう。

また、正規に処方された薬であれば、医師から服用方法などの指示があるため、それを守っている限り、もし事前に提示されていない副作用が起こっても責任は処方した病院にあります。

しかし、個人輸入の場合は、あくまで自己責任であるため、個人輸入サイトの運営者に対して責任を追及することは難しいでしょう。

また、プロペシアやミノキシジルには、ジェネリック医薬品がいくつか存在しており、個人輸入で購入することが出来ます。

プロペシアのジェネリック医薬品では「フィンペシア」が有名で、初心者の方がAGA薬のジェネリック版を購入するのであれば、まずこちらがお勧めです。

価格の目安としては、プロペシアの10分の1ほどで、これよりも極端に安い場合は、警戒した方がよいかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする