AGA薬の種類について知っておきたい基本的な知識まとめ


男性特有の薄毛症状はAGA(男性型脱毛症)と呼ばれ、DHT(ジヒドロテストステロン)という、男性の身体に悪い作用(体毛が濃くなる、意欲の減退、脂の分泌、抜け毛など)をもたらす男性ホルモンの影響によって起る症状であるため、単に生活習慣や頭皮の健康状態を改善するだけは、その進行を止めることはできません。

そこで登場するのが、プロペシアの名称で有名なフィナステリド剤や、ミノキシジルなどのAGA治療薬です。

これらの薬が日本で認可されるまでは、せいぜい育毛剤や育毛シャンプーなどを使用してケアをする程度しか対処方法がなく、いわゆる男性の「ハゲ」にまつわる悩みに対して医学的根拠をもった効果のある治療法は存在しませんでした。

最近になってようやく、AGA治療薬にもジェネリック医薬品が販売されはじめ、ようやくAGA治療についての認識が広まりつつあります。

さて、このAGA治療薬にはどんな種類のものが存在するのでしょうか。

病院やAGA専門クリニックなどで処方される薬として最も有名なものは、AGAの原因であるDHTを抑制する働きをもる「プロペシア」と、頭皮の血管を拡張することにより栄養素を行き渡らせて発毛を促進する「ミノキシジル」の2種類です。

AGAの診察でクリニックを訪れた男性の多くは、最初にこのいずれか(または両方)を処方されます。

これで9割の男性は「生えてきた」と効果を実感しています。

ただし、AGA治療薬は医師の処方が必要な薬であるため、処方料と診察料、検査料などを考えると、決して安い費用ではありません。

そして、費用を安くしたいときに検討するのが、ジェネリック医薬品です。

プロペシアのジェネリック医薬品としては、プロペシアの5分の1程度で購入できる「フィンペシア」が有名で、成分としても正規のプロペシアと同様にフィナステリドが1mg含まれており、効果についても信頼できる口コミデータが多数あります。

プロペシアは人気の薬であるため、ジェネリック医薬品として多数存在しています。

日本からも個人輸入で購入できるものとしては「フィナロ」や「フィナバルド」がありますが、効果について大きな差があるとは考えにくく、ジェネリック同士で比較することには、あまり意味をもたないかもしれません。

ジェネリックといえども、副作用の発症率に関しても、正規品と同等程度にありますが、「ジェネリックだから」という理由で副作用が現れる確率が高くなる訳ではありません。

また、ミノキシジルを含む製品としてはアメリカで「ロゲイン」という名前で市販されている商品がありますが、これは日本の「リアップ」とその成分配合量が似ています。

ロゲインはそもそもジェネリックではありませんが、ロゲインのジェネリックで「カークランド」という商品もあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする