AGAを薬以外で対策する方法はあるのか?


薄毛の対策や治療に、AGA治療薬を一切使いたくないという男性もいるかと思います。

プロペシアやミノキシジルなどを使用せずに発毛させる方法はあるのでしょうか。

市販の育毛剤や育毛シャンプーを使用することにより改善するケースは稀です。

実際に「薬局で買った育毛剤で髪がフサフサになった」という男性の声を聞いたことがあるでしょうか。

確かに市販の育毛剤や育毛シャンプーは、頭皮を清潔にする効果や、多少の血行促進効果はあることは確かですが、やはり病院やAGAクリニックでの本格的な治療と比べると効果は薄いと言わざるを得ません。

AGAは男性型脱毛症と呼ばれており、DHT(ジヒドロテストステロン)という、悪性の男性ホルモンが過剰に分泌してしまうことが原因で起こる症状です。

そのため、頭皮を清潔にする程度の対策では、抜け毛の根本的な原因であるDHTを抑制する効果はありません。

ただし、大正製薬の「リアップ」という商品には、国内で唯一「ミノキシジル」が配合されており、市販されている他の育毛剤や育毛シャンプーと比べても効果が期待できるものではあります。

これは「AGA治療薬」を使用していることと同じであり、本来「薬を使わずにハゲを治したい」という男性の希望を満たす方法ではないかもしれません。

また、市販薬であるため、その配合量は少なめに抑えてあるため、効果はゼロではないものの、目に見えた効果を求めるのであれば、やはりクリニックや病院での治療には敵いません。

薬を使用せずに薄毛を改善する他の方法としては、男性ホルモンの分泌をコントロールする方向性の対策が考えられます。

AGAはDHTが原因となって起こる脱毛症であるということは、DHTの抑制を抑えることによって薄毛は改善されるという理屈になります。

では、薬の服用以外にDHTを抑制する方法はないものでしょうか。

DHTを抑制する方法として知られているのは、「自慰行為をやめること」と「有酸素運動をすること」などが挙げられます。

自慰行為は、亜鉛を減少させるため、不足した亜鉛を補うためにDHTの分泌を促進させると言われているため、「薬を使わない薄毛対策方法」として、薄毛に悩む一部の男性の間では有名です。

また、「亜鉛」を摂るのも効果的な対策方法で、自慰行為によって失われた亜鉛を補給することにより、DHTの分泌を防ぐ効果があります。

もし、自慰行為による射精が慢性的になっている男性は、少し控えることによってDHTの分泌を抑え、薄毛をストップさせることが出来るかもしれません。

 一緒に読まれています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする