AGAの薬をやめるとどうなるのか?副作用が気になるんだけど・・・


AGAの専門クリニックや病院で診察を受けた場合、最初に勧められる治療方法は、「抜け毛の進行を抑える」処方薬である、「プロペシア(フィナステリド剤)」の服用と、血管を拡張させる作用で発毛を促進する「ミノキシジル」を処方されるケースが最も一般的です。

ミノキシジルは、以前は頭皮に塗るタイプの製品しかありませんでしたが、現在はタブレットタイプの錠剤もあり、こちらの方が効果が現れるのが早いとも言われています。

どちらを選択するべきかは、診察した医師の判断によります。

また、ミノキシジルは、市販されているごく一部の育毛剤にも少量ながら含まれており、注目の成分です。

また、AGA治療薬の服用で心配なのは、特にプロペシアについて言われている、ED(勃起障害)などの副作用ですが、プロペシアにしても、ミノキシジルにしても、途中で使用を中止したら、どうなるのでしょうか。

基本的には、服用を止めれば効果もなくなる代わり、副作用も止まります。

プロペシアを服用した場合のED発症率はわずか1%と言われており、しかも服用を中止すればその副作用も止まるため、過剰に心配する必要はありませんが、特にプロペシアを服用する男性の多くは、男性機能の低下という副作用については気になるところでしょう。

AGAは男性型脱毛症と呼ばれており、男性ホルモンの分泌過多によって引き起こす症状です。

男性ホルモンが薄毛の原因と聞くと、筋トレや精力増強などに興味を持ったことのある男性であれば、「男性ホルモンは良いことばかりと聞いたけど」と、疑問に思うかもしれません。

ここでいう、薄毛の原因となる男性ホルモンとは、DHT(ジヒドロテストステロン)という、悪性の男性ホルモンのことを差します。

通常、筋トレや精力回復、やる気の向上などを促進させると言われている「良い男性ホルモン」は、「テストステロン」のことで、複数存在する男性ホルモンの大部分を占めます。

薄毛の原因となるのは、あくまで「DHT(ジヒドロテストステロン)」であると覚えておくとよいかと思います。

では、このDHTは何が原因で発生するのかというと、せっかく分泌した、良い男性ホルモンである「テストステロン」が、体内にある「5α-リダクターゼ」という酵素によって、DHTへと変換されてしまい、脱毛症状が起こります。

これがいわゆる「若ハゲ」と呼ばれる原因です。

つまり、AGAの症状を抑えるには「5α-リダクターゼ」の抑制が不可欠ということなのです。

抜け毛の進行を止めるためには半永久的に飲み続ける必要があるということになります。

AGAの薬をやめると症状はゆるやかに進行していくと言われています。

とはいえ、ずっと飲み続けることは不安だ、金銭的にも負担だと考える人も少なくありません。

子づくりなど家族計画にも影響があります。

どの段階で薬をやめるのか、あるいはやめないのか、薬を減らしつつ現状維持のケアに移行していくのか、など医師と相談のうえ決めるとよいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする