AGA薬の効果は本当にあるの?期間はどのくらいかかる?


薄毛や抜け毛に悩む男性が、病院や専門のクリニックでの本格的な治療を検討しはじめたとき、最初に気になるのが、その効果についてでしょう。

もっとも、AGAは医師による診察と治療という信頼性があるため、一部の悪徳な発毛サロンや植毛業者などに対してあるような「まったく効果のない高額なコースを契約させられるんじゃないか」という不安をもつ男性は少数かと思いますが、どうしてもAGA治療は最近になって登場した新しいジャンルであるため、「医学に基づいて髪が生えることは分かっているが、体験するまでは信じられない」というのが本音かと思います。

医師の処方が必要なだけあって、「本当に生えてきた」「気休めではなく明らかにビッシリと発毛を確認できた」など、その効果についても評価は高いものが多くみられます。

ここでは、薬の服用によるAGA治療はどれくらいで効果が現れるのかについて説明します。

まず、最もメジャーなAGA治療薬であるフィナステリド剤、通称「プロペシア」についてですが、プロペシアの効果がはっきりと現れるまでの平均的な期間は6か月と言われています。

早い人で3か月、遅い人でも1年ほどと言われており、AGAクリニックでは、大体 6か月~1年経っても効果が見込めない場合、次の対策を提案します。

多くの場合は、頭皮に塗布するタイプのミノキシジルという薬に切り替えるか、グロースファクターなど他の治療方法を検討する必要があります。

プロペシアは主成分として「フィナステリド」という成分が含まれており、これが、薄毛の原因となる「DHT(ジヒドロテストステロン)」という悪性の男性ホルモンの分泌を抑制することによって抜け毛を抑えます。

そもそも薄毛は、通常の発毛スピードよりも脱毛するスピードの方が早いため、相対的に起る症状ですが、抜け毛が止まれば、本来の発毛サイクルに戻すことができるため、結果的に頭皮に髪が生えて、いわゆるフサフサになる訳です。

ただし、プロペシアは、継続的に飲み続ける必要があり、服用している期間は効果を発揮するものの、服用を中止すると再度DHTの分泌が進むため、再度脱毛が始まる可能性があります。

プロペシアというと、男性機能低下などの副作用が心配という声をよく耳にしますが、そもそも発症率が1%未満という非常に低い確率であるため、さほど心配する必要はありません。

そもそも服用を止めれば、発毛効果と同様に副作用もなくなるので、発毛と男性機能低下の両方を天秤にかけて判断するとよいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする